• NPO法人いわき住まい情報センター
    空き家バンクいわき
    いわき市のグルメなランチ、求人や美容室・エステ・ネイルサロン、居酒屋の情報満載のポータルサイトです。
お知らせ

物件をお探しの方へ

空き家や住まいでお困りの方へ

法人概要

法人概要


ーごあいさつー

 近年、地域における人口減少や既存の住宅・建築物の老朽化、住居に対する社会的ニーズの変化、さらには産業構造の変化等に伴い、居住その他の使用がなされていないことが常態である住宅その他の建築物、いわゆる「空き家」が年々増加しています。
 これら空き家の中には、所有者等による適切な管理が行われ、今後の利活用が可能なものも数多くあり、これら既存ストックの有効活用を図ることは、深刻化する環境問題や資源・エネルギー問題への対応をはじめ、安全・安心して暮らすことのできる生活環境の保全、さらには活力あるまちづくりの推進に資するものであり、いわき市の持続可能な発展へ向けて取り組むべき重要課題であると考えます。
 このようななか、私たちは、深刻化する空き家問題を個人の問題としてだけではなく、都市としての課題として捉え、空き家を無くし活力あるいわきを再生するための各種取組みを、行政と連携しながら継続的に進めるため、特定非営利活動法人を設立いたしました。
 私たちの目標は、市街地が賑わい、住宅地の良好な生活環境が確保され、緑豊かな山間地域での生活が維持される、かつてのいわきの姿を改めて創出することです。
 私たち「いわき住まい情報センター」は、各分野の専門家が目標を共有し、それぞれの知恵を出し合いながら、活力あるいわきの再生へ向け活動して参ります。
 
NPO法人 いわき住まい情報センター 理事長 佐藤 光代
 
 
 NPO法人 いわき住まい情報センターとは
 
空き家問題を個々の空き家だけでなく都市としての課題として捉え、
関係団体が結集し行政との「共創」により空き家の流通促進等を図る団体です。
 


設立コンセプト
 
活動内容
 
参画団体

法人情報


 
設立コンセプト
 
 いわき市の状況
 
・いわき市の人口は、平成10年の361,934人をピークに減少傾向に転じており、
 併せて高齢化も進行しています。
・全国的に空き家が増加傾向にある中、いわき市においては、東日本大震災の影響により空き家数が一時的に
 減少しましたが、超高齢社会の影響等により、今後の空き家数については増加がみこまれています。
・平成25年住宅・土地統計調査の結果によると、いわき市における空き家の戸数は13,020戸、
 その内、別荘等や賃貸、売却用の家屋を除いた空き家は7,580戸、
 また腐朽空き家は3,620戸あると推計されています。


【いわき市内の空き家数】
H15 H20 H25 H46
住宅総数 144,550 147,740 137,710 161,854
空き家総数   19,290   21,300   13,020   49,203
空き家率 13.3% 14.4%  9.4%   30.4% 
対象空き家 5,430 7,750 7,580 28,645
 
16年後の平成46年 空き家率は30.4% (※出典:(株)野村総合研究所)
 
平成46年(2033年)のいわき市では・・・

161,854戸の住宅のうち28,645戸が空き家  161,854/28,645=5.65


 ⇒ 5~6軒のうち1軒が空き家 となる可能性も予測されています
 
 ご存知ですか?空家対策特別措置法
 

全国的に空き家が増加傾向にあるなか「空家等対策の推進に関する特別措置法」が平成26年11月に公布、平成27年5月に全面施行されました。この法律では主に以下のことが定められています。

 

 〇国による基本指針の策定・市町村による計画の策定
 〇空家等についての情報収集
 〇空家等及びその跡地の活用
 〇特定空家等に対する措置
 〇財政上の措置及び税制上の措置等


 
 空き家対策 3本の柱
 
 
1.予防
  ●相談事ナビゲーションダイヤル
  ●空き家と住まいの相談会
2.除却
  危険な空家(法:特定空家等)への措置
  ●法に基づく指導 勧告 命令 等
  ●除却支援
3.活用
  実効性のある空き家バンクシステム
   ●物件情報収集
   ●活用可能な空き家物件の公表
   ●活用希望者とのマッチング
 

NPO法人といわき市によるパートナーシップ協定に基づき推進
 

平成30年2月8日 いわき市における空家等対策に関する連携協定を締結 連携協定書(PDF)


いわき市の空き家対策
 
いわき市の空き家対策(いわき市公式HPへリンク)

   

活動内容
 
本法人は、空き家の利活用や適正管理の促進へ向けた取組みを行政と連携しながら進める特定非営利活動法人として設立したものであり、法人で実施する事業の概要を次に示します。

 
 1.空き家バンク


空き家バンクとは、いわき住まい情報センターがいわき市との「いわき市における空き家等の対策に関する連携協定」に基づき実施する事業です。
いわき市内の空き家の情報の収集、調査、登録を行い、当ホームページに公開し活用希望者とのマッチングを図ります。空き家情報や活用希望の登録等はいわき住まい情報センターにて。





 
※物件情報の掲載については、H30年8月頃を予定しております

 
 2.空き家と住まいの相談窓口


いわき住まい情報センターでは、相談事ナビゲーションダイヤルを設置し、
会員団体との連携により内容ごとに適切な相談先をご紹介します。
いわき市内で各分野の専門家と面談できる「空き家と住まいの相談会」の開催も予定しております。
詳細な日程、場所等が決まり次第ホームページや広報を行いますのでご確認ください。

   

 
 空き家と住まいの相談窓口事業 
 
 
 相談事ナビゲーションダイヤル

    相続・税対策・売買・
   リフォーム・解体・融資 etc…


    各種相談の総合案内機能を担います!

   空き家と住まいの相談会

    相続・税対策・売買・
   リフォーム・解体・融資 etc…


 相談会を開催し、各分野の専門家が面談しながら
 問題解決に向けた助言を行います。
 
相談事ナビゲーションダイヤル
   0246-84-5341 へご連絡ください。
受付時間: 月曜日~金曜日 8:30 ~ 17:15
 
 
 3.空き家管理サポート事業


いわき住まい情報センターでは、定期的な現状確認や除草、修繕等の空き家管理を代行することや、地区のまちづくりに活用が望まれる空き家の利活用を支援する事業も予定しております。
詳細が決まり次第改めてお知らせいたします。




 
 空き家管理サポート事業